045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。

ご予約は0453117847まで

ルメディエ健康通信

ルメディエ治療院がお届けする、「ルメディエ健康通信」です。更新は毎月15日です!

ルメディエ健康通信

2020/3/15

腕の症状は首から? 〜不調からダイエットまで〜

今年は暖冬でしたので、「首元が寒くて肩がコる〜!」なんてことはもしかしたら少なかったのではないでしょうか? ただ、当院にいらっしゃる患者様のお悩みで1年通して特に多いのが「首肩のコリ」です。 普段の生活でどうしてもコったり歪んでしまう首が原因で、腕の「ダルさ」「疲労」「シビレ」などの症状、さらにはダイエットの大敵「二の腕太り」も首肩のコリからきてるかも・・・?! 腕を通る血管と神経 血管 こちらは心臓から出て腕に向かう血管です↓ 血管は心臓から出て、鎖骨の下、ワキの下を通り、腕に抜けていきます。 首や胸の ...

ルメディエ健康通信

2020/2/21

その不調?甲状腺の病気かも?

最近疲れやすいな・・・年のせいかしら!? 身体が熱い、汗が凄いな・・更年期!?自律神経!? イライラするな・・・ストレスか!? などなど 軽く考えられやすい、日常のちょっとした不調、もしかしたら 甲状腺の病気のせいかもしれません。 通常の健康診断の血液検査には含まれず、オプションでしか調べる事がない為 気付かないうちに病気になっていることが多い病気です。 甲状腺とは 首の前側、喉ぼとけのすぐ下にある縦4cm、厚さ1cm、重さ15g位の小さな臓器 食べ物に含まれるヨウ素を原料に新陳代謝に関するホルモン(甲状 ...

腰痛で動けなくなった

ルメディエ健康通信

2020/1/18

ギックリ腰の対処は「冷やして安静」だけが正義なのか?

2020年明けましておめでとうございます。 今年もルメディエ治療院スタッフ一同みなさまの健康と幸せをお祈りいたします。 さて、今年はじめてのルメ通信は『腰痛』にフォーカスを当てたいと思います。 なぜかと言うと、去年11月、私がギックリ腰になってしまったからです。 起き上がろうとした瞬間、骨盤の仙骨と腸骨で形成される仙腸関節部にビキッとした電気のような痛みに襲われました。 ただ、凄い激痛ではなかったのですが、一瞬痛みによる気持ち悪さがきてびっくりしました。 ただ私、ここで皆様のために、ギックリ腰後の過ごし方 ...

難しく考えない

ルメディエ健康通信

2019/12/3

気分が軽くなる記事

気分を落ち着けたいときにやるメンタルケア ストレス判定テスト このテストでは、回答を行い自らそれを“認識する”ことで僅かなストレスの緩和を目的としています。これによって何らかの問題の具体的な解決策を得られるものではないことをご了承下さい。 ストレスケアの第一歩は、「考えや思いの言語化」です。 これは内面に問いかけるものです。敢えて人に言うようなことではない僅かなものも当てはまるようでしたら対象となります。単語ではなく、できるだけ文章にするとより効果が高まります。 何より、今思っていることを吐き出すことが重 ...

ブルーライト

ルメディエ健康通信

2019/12/3

ブルーライトと健康

ブルーライトにかこまれた私たちの生活 昔の人は太陽と共に生活していたため、ブルーライトを浴びるのは日中だけでした しかし、現在では照明が誕生してからは夜も明るくなり、人々の生活リズムは大きく変化しました 特に青色発光ダイオードが登場してからは、LEDディスプレイを搭載したテレビやパソコン・スマートフォン・ゲーム機・LED照明など、身のまわりにブルーライトを発する機器が急増 これによって生活の中でブルーライトを浴びる量が増え、体内リズムが乱れやすい環境になっています そもそもブルーライトとはどんなものなので ...

山

ルメディエ健康通信

2019/12/3

膝のお悩み

こんな思いしていませんか?? 昔はシャキシャキと歩けていたのに…今の私はなんなの? 【膝が痛くて】満足に歩けないじゃないの・・・ 趣味にしてたハイキングも出来ないし、今からの季節の 紅葉も仲間たちと堪能したいのに・・・はぁ~… お辛いですよね。素晴らしい人生を台無しにしかねますよね。 まずはご自身の状態をセルフチェック! 正座しづらい 歩き始める時に痛い 和式トイレが辛い 立ち上がる時に痛い 階段の上り、下がりの時に痛い 30分以上歩くと膝が痛い 膝を動かすとギシギシ音がする 上記の多項目に当てはまってし ...

ルメディエ健康通信

2019/9/18

早期発見で難聴を防ごう!

まだまだ残暑が厳しそうですが皆さんお元気ですか? 今回は、気づいてないだけであなたもそうかもしれない難聴のお話。 難聴の現状 平成18年度には両耳の聴覚障害者数は 、18歳以上で27万6000人、18歳未満で1万5800人と言われています。 厚生労働省 『身体障害児 ・者実態調査結果 』より およそ500人に1人が聴覚障害を持っている計算になります。 ただしこの数字は、両耳の難聴と「身体障害者福祉法」に当てはまる人を対象の調査です。 片耳の難聴や「加齢性難聴」は対象外となっています。そして難聴と気づいてな ...

ルメディエ健康通信

2019/8/16

目の紫外線対策できてますか~?

夏!真っ只中!!! 紫外線ジリジリ~~~光が眩しい~ この時期は、肌の紫外線対策に加え、忘れてはならないのは目の紫外線対策! 目に紫外線があたると眼病リスクが高まる上、肌の日焼けにも繋がる 目の老化の為にも、しっかり対策を! 太陽光の中の紫外線 太陽光の中には、目にみえる光(可視光線)と目にみえない赤外線と紫外線がある 紫外線は可視光線より波長が短く強いエネルギーを持つ光で、 UVA・UVB・UVCの3つの種類が・・・ UVA 太陽光線の約90%をしめる紫外線 シワ・タルミの発生に大きく関与 UVBに比べ ...

ルメディエ健康通信

2019/7/24

東洋医学を学ぼう

東洋医学とは 東洋医学の起源は、古代中国において約2500年前とも言われています。 近代の日本においては、一度、GHQにより鍼灸の禁止要望が出されました。 当時の関係者から強い反発をうけ撤回され現在に至っています。 北さん 1972年に、アメリカ大統領のニクソンが訪中した際に、アメリカの関係者が虫垂炎になり鍼治療で回復。 これが話題となり鍼灸に関心がもたれました。 西洋医学と東洋医学の違い 西洋医学の特徴 主に欧米で発展した医学で明治政府により導入され、現代における医学の主流となっています。 解剖学や客観 ...

整体からみた頭痛

ルメディエ健康通信

2019/7/3

整体からみる頭痛

整体で対応可能なのは一次性頭痛 緊張型頭痛 片頭痛 群発頭痛 緊張型頭痛 後頭部から首筋や肩にかけて筋肉が張っていることで起こる頭痛。 片頭痛 脳神経のそばを通る血管が、何らかの影響で収縮することで起こるものと考えられています。 周期的に現れる他、持続性もあることで知られます。女性に多くみられます。 群発頭痛 頭の片側や目の奥が針で刺されたような激痛を伴う痛み。男性に多くみられます。 医療機関で受診が必要な二次性頭痛 二次性頭痛に分類される頭痛は具体的かつ重大な原因があり、生命の危険を伴うものがあります。 ...

脱力感

ルメディエ健康通信

2019/6/8

5月病・6月病にならないために

5月の連休明けからうつ的な状態になる ”こころの病気” 新入社員や大学生などに見られ、新しい環境に適応出来なくなり、5月のゴールデンウイークを過ぎた頃から、学校に興味を失って無気力な状態になってしまったり、入社した若者が、5月休み明けの頃から仕事に対する関心や意欲を急に失う、あるいは早く適応しようと頑張りすぎて無気力な状態に陥ってしまう、これがいわゆる「5月病」で、5月の連休明けに起こるのが多い事からこの名称がつきました。 5月病と同様の症状が6月に、特に社会人で増えていることから「6月病」とよばれるよう ...

ルメディエ健康通信

2019/4/17

意外と出来ていない!?正しい座り姿勢

今回は正しい座り姿勢についてお話します。 当院にはさまざまな症状を持った患者さんが来院されます。 首や肩が痛い、腰痛で立つことができない、頭痛で仕事に集中出来ない。 そんな患者さんの姿勢を見ると、ほとんどの方が間違った座り姿勢で身体を悪くしています。 もとろん座り姿勢だけが原因ではありませんが、姿勢を直すだけで驚くほど身体は楽になります。 皆さんも自分の座り姿勢をチェックしてみましょう。 悪い姿勢によって起こる症状 ・肩こりや腰痛がひどくなる・腕が上がらない・気分が憂鬱になる ・肩こりによる吐き気、めまい ...

ルメディエ健康通信

ルメディエ健康通信

2020/3/15

腕の症状は首から? 〜不調からダイエットまで〜

今年は暖冬でしたので、「首元が寒くて肩がコる〜!」なんてことはもしかしたら少なかったのではないでしょうか? ただ、当院にいらっしゃる患者様のお悩みで1年通して特に多いのが「首肩のコリ」です。 普段の生活でどうしてもコったり歪んでしまう首が原因で、腕の「ダルさ」「疲労」「シビレ」などの症状、さらにはダイエットの大敵「二の腕太り」も首肩のコリからきてるかも・・・?! 腕を通る血管と神経 血管 こちらは心臓から出て腕に向かう血管です↓ 血管は心臓から出て、鎖骨の下、ワキの下を通り、腕に抜けていきます。 首や胸の ...

続きを読む

ルメディエ健康通信

2020/2/21

その不調?甲状腺の病気かも?

最近疲れやすいな・・・年のせいかしら!? 身体が熱い、汗が凄いな・・更年期!?自律神経!? イライラするな・・・ストレスか!? などなど 軽く考えられやすい、日常のちょっとした不調、もしかしたら 甲状腺の病気のせいかもしれません。 通常の健康診断の血液検査には含まれず、オプションでしか調べる事がない為 気付かないうちに病気になっていることが多い病気です。 甲状腺とは 首の前側、喉ぼとけのすぐ下にある縦4cm、厚さ1cm、重さ15g位の小さな臓器 食べ物に含まれるヨウ素を原料に新陳代謝に関するホルモン(甲状 ...

続きを読む

腰痛で動けなくなった

ルメディエ健康通信

2020/1/18

ギックリ腰の対処は「冷やして安静」だけが正義なのか?

2020年明けましておめでとうございます。 今年もルメディエ治療院スタッフ一同みなさまの健康と幸せをお祈りいたします。 さて、今年はじめてのルメ通信は『腰痛』にフォーカスを当てたいと思います。 なぜかと言うと、去年11月、私がギックリ腰になってしまったからです。 起き上がろうとした瞬間、骨盤の仙骨と腸骨で形成される仙腸関節部にビキッとした電気のような痛みに襲われました。 ただ、凄い激痛ではなかったのですが、一瞬痛みによる気持ち悪さがきてびっくりしました。 ただ私、ここで皆様のために、ギックリ腰後の過ごし方 ...

続きを読む

難しく考えない

ルメディエ健康通信

2019/12/3

気分が軽くなる記事

気分を落ち着けたいときにやるメンタルケア ストレス判定テスト このテストでは、回答を行い自らそれを“認識する”ことで僅かなストレスの緩和を目的としています。これによって何らかの問題の具体的な解決策を得られるものではないことをご了承下さい。 ストレスケアの第一歩は、「考えや思いの言語化」です。 これは内面に問いかけるものです。敢えて人に言うようなことではない僅かなものも当てはまるようでしたら対象となります。単語ではなく、できるだけ文章にするとより効果が高まります。 何より、今思っていることを吐き出すことが重 ...

続きを読む

ブルーライト

ルメディエ健康通信

2019/12/3

ブルーライトと健康

ブルーライトにかこまれた私たちの生活 昔の人は太陽と共に生活していたため、ブルーライトを浴びるのは日中だけでした しかし、現在では照明が誕生してからは夜も明るくなり、人々の生活リズムは大きく変化しました 特に青色発光ダイオードが登場してからは、LEDディスプレイを搭載したテレビやパソコン・スマートフォン・ゲーム機・LED照明など、身のまわりにブルーライトを発する機器が急増 これによって生活の中でブルーライトを浴びる量が増え、体内リズムが乱れやすい環境になっています そもそもブルーライトとはどんなものなので ...

続きを読む

Copyright© 鍼灸整体ルメディエ治療院 , 2020 All Rights Reserved.