横浜で自律神経調整と姿勢矯正をし続け21年の整体院

ルメディエ治療院

 045-311-7847

電話番号と営業時間

毎週月曜日は定休日となっております。 ご予約は0453117847まで

「ルメディエ健康通信」 一覧

ルメディエ治療院がお届けする、「ルメディエ健康通信」です。更新は毎月15日です!

腎臓

ルメディエ健康通信

2018/7/15

現代医学からみた腎臓

腎臓の機能 尿の産生 血液から不要物質をろ過し必要なものと不必要なものとに分け、不要物を尿として体の外に出しています。 腎臓が血液をろ過して尿を作る際に、同時に血液の成分調整もしています。 赤血球の産生 酸素が足りなくなると、腎臓が察知しエリスロポエチンというホルモンをだします。 このホルモンが血液に乗って全身に広がり骨に届けられ、そこから骨の中にある骨髄に作用し赤血球が増産されます。 その結果、効率よく体に酸素が運べるようになります。 骨髄 成人では、体幹部(頭蓋骨、椎骨、肋骨、胸骨、長骨の骨端にある) ...

天秤とホメオスタシスの負のフィードバック

ルメディエ健康通信

2018/7/10

人体の不思議「ホメオスタシス」

自然治癒力。皆さん、一度は耳にしたことがあると思います。 広く認知される言葉ではあるものの、それが何なのか考えたことはありますか? もしそれを漠然としたものとして捉えていたとしたら、ちょっと勿体ないかも…。今回の題材は、複数回にわたってやっていこうと思います! 人における自然治癒力と恒常性 はて、恒常性ってなんだろう? 簡単に言ってしまえば、人体に大きな変化が加えられた時に逆方向に働くチカラのことです。 負のフィードバック作用といいます。 体温調節 身体が熱くなったとき、汗が出てきます。 大気に触れている ...

筋肉

ルメディエ健康通信

2018/7/10

自律神経と呼吸とは?

自律神経と呼吸 私たちがいつもしている呼吸 呼吸は自分の意識で整えられる唯一の方法なのです。 浅い呼吸はストレスに 浅い呼吸では酸素が肺の中まで届きません。 そして交感神経が働きすぎてしまいます。 息を吸うと交感神経に 息を吐くと副交感神経に 大切なのは息を吐くことです。 胸式呼吸は交感神経を活発にする  呼吸法は、大別すると胸式と腹式になります。私たちはふだん胸式呼吸をしていますが、とかく呼吸が浅く、短いものになりがちです。しかし、この短い胸式呼吸は交感神経を刺激し、これに疲労や心の動揺、怒りなどが加わ ...

マッサージ

ルメディエ健康通信

2018/7/10

その身体の不調リンパが関係しているかも?

忙しい年度末を終え気づくと足はパンパン全身重だるい身体になってはいませんか? それはリンパの流れ悪くなっているからかもしれません リンパとは よくリンパ液を流すという言葉を耳みするかと思いますが、皆さんが思っているようにリンパ液とは液体で、透明に近い黄色っぽい色をしています。 そして血管に沿うように全身に張り巡らされているものをリンパ管といい、その中をリンパ液が流れていて、途中で老廃物をろ過してくれる中継地点をリンパ節といい、それを総称してリンパまたはリンパ系と言います。 リンパ管と血管の違い ・血管 血 ...

ルメディエ健康通信

2018/7/10

質の良い睡眠で元気な毎日!

睡眠は健康な身体を作るのにとても重要! 皆さんはいくら寝ても疲れがとれない、体が重く仕事に集中出来ない、なんだか気分が晴れない。そんなことはないですか? 質の良い睡眠がとれると、身体の回復力も上がり、活力のある毎日を過ごせます! 睡眠は2種類ある! 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があり、この2つの眠りが交互に現れて眠っています。 レム睡眠 夢を見たり、外部からの刺激で目が覚めやすい。眠りが浅い状態。 ノンレム睡眠 脳を休める睡眠。身体の緊張が低下し、ストレスを取り除いたりする。深い眠りの状態。 ...

ホエイプロテイン

ルメディエ健康通信

2018/7/10

人体の20%を占めるタンパク質とは?

タンパク質の種類 タンパク質とはアミノ酸でできています。 アミノ酸は20種類ありますが、その量や配列順序の違いで とてもたくさんの種類のタンパク質が作られます。 (アミノ酸だけで構成される単純タンパク質とアミノ酸以外の成分も含む複合タンパク質に別れます) ヒトの身体は約20%がタンパク質で、約10万種類ものタンパク質でできています。 タンパク質の生理作用 タンパク質は、筋肉や臓器など体を構成する最も重要な成分で、 酵素・ホルモン・免疫抗体などの原料にもなります。 コレステロールなどと一緒になると、リポタン ...

血圧測定

ルメディエ健康通信

2018/7/10

正しい姿勢で血圧が下がる!簡単に出来る姿勢改善法とは?

当院にいらしている皆様は、「姿勢が悪いから」肩こり、腰痛が起こることをよくご存知だと思います。他にも頭痛や手足の痺れ、内臓障害など身体にとってのデメリットは沢山ありますが、その中の1つに不良姿勢をとり続けることで起こる血圧の上昇があります。 どのくらいが良いの?血圧のおさらい そもそも血圧はどのくらいが良いのでしょうか? 最新の基準では下の表のようになります。 成人における血圧値の分類(mmHg) 分類 収縮期血圧(最高血圧) 拡張期血圧(最低血圧) 至適血圧 <120 かつ <80 正常血圧 ...

抜け毛

ルメディエ健康通信

2018/7/10

気になる抜け毛対策「現代医学&東洋医学編」

「いつまでも若々しく健康な髪でいたい!!!」 女性男性問わず誰もが思う望みですね! 最近年齢と共に髪の艶やコシ、抜け毛が気になる今日この頃・・・ 今回は「抜け毛対策」について、現代医学、東洋医学を参考にご紹介します。   ~現代医学の考え~ 髪の成分 髪の成分の80~90%がけケラチンタンパクと呼ばれるタンパク質。10~15%が水分。 ケラチンは18種類のアミノ酸から出来ていて、体内で作るには、18種類のアミノ酸からバランス良く摂取する必要あり。 抜け毛の本数と季節 1日に80~100本の抜け毛 ...

歩くというスポーツ

ルメディエ健康通信

2018/7/10

歩くというスポーツ「有酸素運動20分で脂肪は燃える」は本当?

年齢に関係なく気軽に始められるエクササイズとして大人気のウォーキング。でも、健康維持・体力向上に効き目ある歩き方、本当にできている? 『歩幅を広く』がウォーキングの基本 1日1万歩は、目安にならない 大切なのは歩き方 人は毎日、生活の中で歩きますが、それは、身体を鍛えるにはあまり役立たない。 体力を向上させる ダイエットする などの目的を持ってウォーキングするなら、トレーニングになる歩き方をしなくてはいけません。 具体的にどんなふうに歩けば? 運動効果が得られる歩き方 歩幅を広げる(身長の45~50%) ...

ジャックオーランタン

ルメディエ健康通信

2018/7/10

今更聞けない!ハロウィーンのかぼちゃ「ジャックオーランタン」って何?

ハロウィン。古くは宗教的な素養のある祭りでしたが、今や教会とは無関係に一般向けに普及しています。 「バレンタインにチョコレートを!」とお菓子メーカーが画策したスローガンの如く、合言葉の「トリック・オア・トリート」は製薬会社が端を発するものとされます。今回はハロウィンの代名詞ともいえる「ジャックオーランタン」を題材にしました。 ジャックオーランタンの歴史 オレンジ色の西洋カボチャ。アメリカではお馴染みですが、昔はルタバガというカブの一種が使われていました。ジャックオーランタンはカボチャやカブをくり抜いて、中 ...

ビタミン

ルメディエ健康通信

2018/7/10

ビタミンとは?

こんにちは! 今回、ルメディエ健康室が開設する事になりました! そして第1回はビタミンと骨について まずはじめに、皆さんビタミンは何種類あるかご存知ですか? ビタミンCなどはよく話題にのぼりますが、他にビタミンの種類はどのくらいあるか御存知でしょうか? 実はビタミンには大きく分けて全部で13種類あります。 そして、それらは水によく溶けるビタミンB群やCの「水溶性ビタミン」と、 水にはほとんど溶けないビタミンA、D、E、Kの「脂溶性ビタミン」に分けられます。 その中で今回はビタミンDについて少し詳しく掘り下 ...

健康通信

腎臓

ルメディエ健康通信

2018/7/15

現代医学からみた腎臓

腎臓の機能 尿の産生 血液から不要物質をろ過し必要なものと不必要なものとに分け、不要物を尿として体の外に出しています。 腎臓が血液をろ過して尿を作る際に、同時に血液の成分調整もしています。 赤血球の産生 酸素が足りなくなると、腎臓が察知しエリスロポエチンというホルモンをだします。 このホルモンが血液に乗って全身に広がり骨に届けられ、そこから骨の中にある骨髄に作用し赤血球が増産されます。 その結果、効率よく体に酸素が運べるようになります。 骨髄 成人では、体幹部(頭蓋骨、椎骨、肋骨、胸骨、長骨の骨端にある) ...

続きを読む

天秤とホメオスタシスの負のフィードバック

ルメディエ健康通信

2018/7/10

人体の不思議「ホメオスタシス」

自然治癒力。皆さん、一度は耳にしたことがあると思います。 広く認知される言葉ではあるものの、それが何なのか考えたことはありますか? もしそれを漠然としたものとして捉えていたとしたら、ちょっと勿体ないかも…。今回の題材は、複数回にわたってやっていこうと思います! 人における自然治癒力と恒常性 はて、恒常性ってなんだろう? 簡単に言ってしまえば、人体に大きな変化が加えられた時に逆方向に働くチカラのことです。 負のフィードバック作用といいます。 体温調節 身体が熱くなったとき、汗が出てきます。 大気に触れている ...

続きを読む

筋肉

ルメディエ健康通信

2018/7/10

自律神経と呼吸とは?

自律神経と呼吸 私たちがいつもしている呼吸 呼吸は自分の意識で整えられる唯一の方法なのです。 浅い呼吸はストレスに 浅い呼吸では酸素が肺の中まで届きません。 そして交感神経が働きすぎてしまいます。 息を吸うと交感神経に 息を吐くと副交感神経に 大切なのは息を吐くことです。 胸式呼吸は交感神経を活発にする  呼吸法は、大別すると胸式と腹式になります。私たちはふだん胸式呼吸をしていますが、とかく呼吸が浅く、短いものになりがちです。しかし、この短い胸式呼吸は交感神経を刺激し、これに疲労や心の動揺、怒りなどが加わ ...

続きを読む

マッサージ

ルメディエ健康通信

2018/7/10

その身体の不調リンパが関係しているかも?

忙しい年度末を終え気づくと足はパンパン全身重だるい身体になってはいませんか? それはリンパの流れ悪くなっているからかもしれません リンパとは よくリンパ液を流すという言葉を耳みするかと思いますが、皆さんが思っているようにリンパ液とは液体で、透明に近い黄色っぽい色をしています。 そして血管に沿うように全身に張り巡らされているものをリンパ管といい、その中をリンパ液が流れていて、途中で老廃物をろ過してくれる中継地点をリンパ節といい、それを総称してリンパまたはリンパ系と言います。 リンパ管と血管の違い ・血管 血 ...

続きを読む

ルメディエ健康通信

2018/7/10

質の良い睡眠で元気な毎日!

睡眠は健康な身体を作るのにとても重要! 皆さんはいくら寝ても疲れがとれない、体が重く仕事に集中出来ない、なんだか気分が晴れない。そんなことはないですか? 質の良い睡眠がとれると、身体の回復力も上がり、活力のある毎日を過ごせます! 睡眠は2種類ある! 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があり、この2つの眠りが交互に現れて眠っています。 レム睡眠 夢を見たり、外部からの刺激で目が覚めやすい。眠りが浅い状態。 ノンレム睡眠 脳を休める睡眠。身体の緊張が低下し、ストレスを取り除いたりする。深い眠りの状態。 ...

続きを読む

Copyright© ルメディエ治療院 , 2018 All Rights Reserved.