045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。

ご予約は0453117847まで
ウォーキング風景

ルメディエ健康通信

ステイホームでセルフ整体

セルフ整体のご案内です。

即席ちょこっと整体のやり方

机や椅子などがあればやりやすいです。効果を実感できたら他の方にも教えてあげて下さい。

よく分からないものについては、お気軽にお尋ねください。

治っ太朗
自粛期間中にお届けしたかった内容でした。

長時間労働を乗り越えた時や、仕事明けでなんとも身体がだるい時にお試しください。

吐くときにおへその下を凹ませる呼吸

最初にして最大。これができるのとできないのとでは、この後に登場する全ての技術の緩む速さがまるで違います。呼吸は常に息を吐くときに、お腹の中のものを絞り出す意識でしっかりと腹圧をかけて下さい。

酸素を多く取り込むことで筋肉の硬さを和らげます。

肩こりに(僧帽筋上部繊維トリガーポイント)

江崎グ〇コ「走る人」のポーズ、腕全体でV字を作ったときに一番盛り上がる肩甲骨のすぐ上にある筋肉。それが僧帽筋上部繊維です。

そこを反対側の指で一束掴み、ツーンと痛みが出る場所を探します。

あとは先ほどのおへその下を凹ませる呼吸をしながら、肘を肩甲骨より高く挙げ、軽くつねりながらゆっくりと肘を下します。

痛みが抜けるまで繰り返します。水を飲みながらやることをお勧めします。

肩甲骨はがし

机の上に片手をついて、第三関節あたりに重心をかけるようにしてゆっくり前のめりになります。

この時も、息を最大限吐くように意識していきます。

手首が痛むときは無理せず、手首の角度を調節してみてください。

腕橈骨筋筋膜リリース

肘と手首までを机の上に置き、親指が上に向くように手首を回転させます。

次に肩の力を抜いてから置いてある肘の線を、反対の手のひらでポンポンと軽く叩きます。

やり過ぎると内出血してしまうので、熱感を帯び始めたら直ちにやめて下さい。

臀部動的ストレッチ

片足立ちになり、浮かせた脚を身体の斜め後ろで大きく円を描くようにして回します。

この時の膝の角度は自然と伸びた状態であるのが好ましいです。

梨状筋静的ストレッチ

床にあぐらをかいた状態で片膝を立てます。立てた側の足を、片足あぐらの太ももの外側に移動します。

足を固定したら、立てた膝に両手をかけて胸に近づけていきます。この時、お尻が両側とも床から浮かないように注意して下さい。

身体のダルさが抜けないときは

日頃から脚を使って働かれている方が急に動かなくなると、身体の代謝バランスが大きく崩れます。

下半身の筋肉は全体重を乗せて動くばかりか、最も消費カロリーが高い場所です。

酸素を多く取り込まなければ筋分解の進みが早いので、老廃物が出やすく疲れやすくなっています。

そんな時はアクティブレスト。適度に運動をするとより多くの酸素を取り込んで疲労物質を体外に排出される働きがあります。

横になって休むより、身体のスッキリ度合いが変わるのでお勧めです。

連絡先

待合室

横浜駅周辺の鍼灸・整体院として地域の健康にかかわって 23年

骨格の歪みを正して体質そのものを変化させる、自律神経系に有効な施術法です。鍼灸整体ルメディエ治療院から有能なセラピストを多数輩出しております!

はじめてで不安でも大丈夫!スタッフが丁寧に状態をお伺いしますので気軽にお話下さい。

 045-311-7847

  平日 土日祝
午前 9:30-13:30 9:00-13:00
午後 15:00-21:00

定休日:月曜日

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区 鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F

  • この記事を書いた人
アバター

治っ太朗

東京都出身。療術をする傍らWEB関連の業務を行う。得意技術は肩甲骨周囲の筋膜はがし。

-ルメディエ健康通信

© 2020 鍼灸整体ルメディエ治療院