横浜駅周辺での臨床実績1位

ルメディエ治療院

 045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。 ご予約は0453117847まで

ルメディエ健康通信

目の紫外線対策できてますか~?

夏!真っ只中!!!

紫外線ジリジリ~~~光が眩しい~

この時期は、肌の紫外線対策に加え、忘れてはならないのは目の紫外線対策!

目に紫外線があたると眼病リスクが高まる上、肌の日焼けにも繋がる

目の老化の為にも、しっかり対策を!

太陽光の中の紫外線

太陽光の中には、目にみえる光(可視光線)と目にみえない赤外線と紫外線がある

紫外線は可視光線より波長が短く強いエネルギーを持つ光で、

UVA・UVB・UVCの3つの種類が・・・

UVA

太陽光線の約90%をしめる紫外線

シワ・タルミの発生に大きく関与

UVBに比べると強力な紫外線ではなく肌にあたるとすぐ影響が出る訳ではない

波長が長いUVAは、肌の奥深くまでジワジワ到達しコラーゲンを破壊

UVAはオゾン層を通り抜け易く、雲や窓ガラスも通り抜け易い

UVB

太陽光線の約10%をしめる紫外線

UVAに比べると含まれている割合は少ないが有害性は高く肌への影響も強い

アウトドアや海水浴などで真っ赤になる事があるがそれはUVBの仕業

このように赤くなる事をサンバーンと言うが、その原因がUVB

UVAは肌の奥深くにゆっくりと浸透するのに対し、UVBはエネルギーが強く皮膚の表面に影響

肌表面の細胞に傷を付け炎症を引き起こす

UVC

オゾン層で吸収され殆ど地上に届かない

紫外線

太陽光の可視光線の中の青色光線

紫外線以外には、目にみえる可視光線の中で青色光線は波長が短くエネルギーが強い

目の奥の網膜を刺激し黄斑変性症などの眼病の原因になり、近年問題となっている

最近スマホやパソコンから出る青色光線が問題になりブルーライトカット眼鏡がでているが、太陽光にも含まれる

眼病と紫外線

目への紫外線は、紫外線角膜炎や白内障・翼状片・加齢黄斑変性症などの眼病に繋がる

紫外線角膜炎とは・・・

強い紫外線で角膜が傷つき炎症、目が火傷したような急性の状態

症状

  • 目の充血
  • 目の異物感
  • 目の痛み
  • 視力低下
  • 頭痛

白内障とは・・・

目の中のレンズの役割である水晶体が白く濁って視力の低下をきたす目の病気

症状

  • 水晶体の混濁
  • 物が薄暗く見える
  • 物がぼやけて見える
  • 物が二重に見える
  • 目がかすむ
  • 濁り方によっては眩しく見える
  • 視力低下

誰もが発症する可能性のある目の老化現象であるが、紫外線により悪影響

WHOでも白内障の原因約20%は紫外線と報告

翼状片とは・・・

白目の表面を覆っている半透明の結膜が黒目の部分にあたる角膜にかかる形で広がる病気

症状

  • 目の充血
  • 目の異物感
  • 白目の部分が黒目に伸びている(鏡で見れば一目瞭然)
  • 酷くなると視力低下

加齢黄斑変性症

加齢により網膜の中心部がある黄斑に障害が生じ、見ようとする所が見えにくくなる病気

症状

  • 物が歪んで見える
  • 視野の中心が欠けたり歪んで見える(周辺部は正しく見える)
  • 視野の中心が見えない(中心暗点)
  • 視力の低下
  • 症状が進むと色が分からない(色覚異常)
  • 酷くなると失明

紫外線や青色光線、PCなどのブルーライトでリスク増加

ブルーライト

目の日焼けが肌の日焼けに繋がる!

目からの日焼けのメカニズム

  1. 目が紫外線を浴びる
  2. 目の角膜が炎症を起こす
  3. その炎症を三又神経がキャッチ
  4. 脳の視床下部へストレス情報を伝達
  5. これによりメラノサイト刺激ホルモンが脳から血中へ分泌
  6. 全身のメラノサイト(メラニン産生物質)が刺激されメラニンを生成
  7. 結果として目の日焼けが身体全体の日焼けに繋がる

目の紫外線を防ぐには・・・

  • 目の紫外線対策として日傘や帽子などあるが一番はサングラス😎
  • 紫外線99%カット以上の顔との間に隙間のない物がベスト
  • 日本人が顔の凹凸が少ないため目に紫外線が入りやすい
  • サングラスで日焼け対策と将来の眼病予防を

連絡先

待合室

横浜駅周辺の整体院として地域の健康にかかわって 23年

骨格の歪みを正して体質そのものを変化させる、自律神経系に有効な施術法です。当ルメディエ治療院から有能なセラピストを多数輩出しております!

はじめてで不安でも大丈夫!スタッフが丁寧に状態をお伺いしますので気軽にお話下さい。

 045-311-7847

ネット予約する
  平日 土日祝
午前 9:30-13:30 9:00-13:00
午後 15:00-21:00

定休日:月曜日

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区 鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F

  • この記事を書いた人
haru

haru

山形県出身。人体への理解が深く、整体要素を取り入れたアロマテラピーが得意。

-ルメディエ健康通信

Copyright© ルメディエ治療院 , 2019 All Rights Reserved.