横浜駅周辺での臨床実績1位

ルメディエ治療院

 045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。 ご予約は0453117847まで

ルメディエ健康通信

早期発見で難聴を防ごう!

まだまだ残暑が厳しそうですが皆さんお元気ですか?

今回は、気づいてないだけであなたもそうかもしれない難聴のお話。

難聴の現状

平成18年度には両耳の聴覚障害者数は 、18歳以上で27万6000人、18歳未満で1万5800人と言われています。

厚生労働省 『身体障害児 ・者実態調査結果 』より

およそ500人に1人が聴覚障害を持っている計算になります。

ただしこの数字は、両耳の難聴と「身体障害者福祉法」に当てはまる人を対象の調査です。

片耳の難聴や「加齢性難聴」は対象外となっています。そして難聴と気づいてない人もいるでしょう。

これらも含めるともっと多くの人が難聴に悩んでいることでしょう。。。

難聴のチェック方法

難聴の治療は、早ければ早いほど治りやすいです。

発症する前の段階で治療を受けられ、未然に防げるのがベストです。

では、発症する前の症状はどのようなものがあるのでしょうか?

下のチェック項目を見てみましょう。

耳の状態セルフチェック!

  • 耳や頭の中で雑音がする
  • 耳の詰まり感がある
  • 食器のぶつかる音、赤ちゃんの泣き声、電車の音などが響いて気になる
  • 自分の声が頭の中に響く
  • 大勢で集まって話をするとき、途中から会話がわからなくなることがある
  • よく人の話を聞き返すようになった
  • テレビのボリュームが大きいと言われる
  • 歩いているとき、フワフワすることがある
  • まっすぐ歩いているつもりが、片側に寄ってしまうことがある
  • パソコンやスマホを使ってると、気持ち悪くなったり、目が回りそうになる

ひとつでも当てはまったらそれ!「難聴」かその予備軍かもしれません!

難聴の徴候はなかなかハッキリとした症状が出ません。

「耳が変だな?」と思ったら、すぐに耳鼻科や治療院に行きましょう!

難聴の程度

難聴にも種類があり、軽度なものから重度のものまで色々あります。

目安があるので参考にしてください。

音の「大きさ・強さ」

音の大きさの単位はdB(デシベル)

正常範囲 20dB未満
聞こえの目安病院によっては20〜30dBというところもあります
軽度難聴 20〜40dB未満
聞こえの目安木のそよぎ・置き時計の秒針(20dB)、ささやき声(30dB)
中等度難聴 40〜70dB未満
聞こえの目安小雨の音(40dB)、日常会話(60dB)
重度難聴 低音部90 dB 以上、中音部・高音部110 dB 以上
聞こえの目安犬の鳴き声・カラオケ(90dB)、電車が通る時のガード下(100dB)、自動車のクラクション(110dB)、ジェット機の通過音(120dB)、聴力検査で1回もボタンを押せない

音の「高さ」

音の周波数の単位はHz(ヘルツ)

生活環境音(車、エアコン、etc) 250Hz
男性の低い声 500〜1000Hz
女性・子どもの高い声 1000〜2000Hz
携帯電話の呼び出し音 4000Ha

500〜2000Hzが日常でよく使う領域なので、この領域さえ正常値まで回復できれば日常のコミュニケーションに不便は感じなくなってきます。

難聴の分類

伝音性難聴

音を拾うことができなかったり、音の振動を耳の奥に伝える機能が低下する難聴です。

主な原因は鼓膜の破損、耳垢など異物の詰まり、細菌による炎症等。

感音性難聴

耳の中や、耳から脳に音を伝える神経の障害でおこる難聴です。

原因は加齢、病気、薬、水圧、騒音などさまざまです。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方の性質を持つ難聴です。

日常生活で気をつけたいこと

難聴だけでなく、耳鳴り、めまいなど耳の不調を引き起こす原因といわれているものです。

これらのことに気をつけてなるべく耳へ負担がかからないように気を付けましょう!

  1. 睡眠時間しっかりとる(6〜7時間以上)

  2. 大きな音は避ける

  3. 強く鼻をかまない

  4. 耳を冷やさないようにする

  5. 新幹線や飛行機に乗るときは耳栓をする

  6. 本やスマホを見るときは、なるべく顔の高さまで持ち上げクビに負担をかけない

  7. 気圧の変化が起こりやすい季節は、特に規則正しい生活を心がける

連絡先

待合室

横浜駅周辺の整体院として地域の健康にかかわって 23年

骨格の歪みを正して体質そのものを変化させる、自律神経系に有効な施術法です。当ルメディエ治療院から有能なセラピストを多数輩出しております!

はじめてで不安でも大丈夫!スタッフが丁寧に状態をお伺いしますので気軽にお話下さい。

 045-311-7847

ネット予約する
  平日 土日祝
午前 9:30-13:30 9:00-13:00
午後 15:00-21:00

定休日:月曜日

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区 鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F

  • この記事を書いた人
アバター

しんすけ

福島県出身。正確な骨格矯正と、筋バランスを含めたトータルケアに長けている。

-ルメディエ健康通信

Copyright© ルメディエ治療院 , 2019 All Rights Reserved.