横浜駅きた西口より徒歩4分

ルメディエ治療院

 045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。 ご予約は0453117847まで

ルメディエ健康通信

意外と出来ていない!?正しい座り姿勢

今回は正しい座り姿勢についてお話します。

当院にはさまざまな症状を持った患者さんが来院されます。

首や肩が痛い、腰痛で立つことができない、頭痛で仕事に集中出来ない。

そんな患者さんの姿勢を見ると、ほとんどの方が間違った座り姿勢で身体を悪くしています。

もとろん座り姿勢だけが原因ではありませんが、姿勢を直すだけで驚くほど身体は楽になります。

皆さんも自分の座り姿勢をチェックしてみましょう。

悪い姿勢によって起こる症状

・肩こりや腰痛がひどくなる・腕が上がらない・気分が憂鬱になる

・肩こりによる吐き気、めまい・下腹部がぽっこり出る・肥満体質

よくある3つの悪い姿勢

①猫背

一番多く見られる悪い姿勢です。

特にデスクワークの方はパソコンの画面を見ようとして顔が前に出てしまい、ストレートネックになりやすいです。

首が前に倒れるため、頭を支えようとして首や肩の筋肉が疲労します。

【猫背の姿勢】

悪い姿勢の写真

【正しい姿勢】

正しい姿勢の写真

悪い姿勢は肩よりも頭と首が前に出ています。すると、頭の重さを支えようとして首肩に必要以上に力が入ります。

正しい姿勢を見てみましょう。

耳・肩・腰が一直線になっていますね。まっすぐバランスが取れているので、無駄な力が入らないです。

猫背がひどい方は頭の筋肉まで硬くなり頭痛を起こす場合もありますので気をつけましょう。

②背もたれに寄り掛かる

お尻が前にズレてしまい、だらしなく見えてしまう座り方ですね。

坐骨神経が出ている部分を圧迫してしまうので、この姿勢を続けている方は下半身の痺れやだるさを訴えることが多いです。

坐骨神経の図

赤い部分が坐骨神経です。坐骨神経は腰から足にかけて伸びている神経で、なんらかの原因でここが圧迫されるとお尻や太もも、スネや足裏に痺れや痛みが出てきます。

姿勢が悪く骨盤がゆがむ

だらしない姿勢で座ると上の写真のように骨盤が後ろに傾きます。すると坐骨神経の出口の部分が圧迫されるため下半身に症状が出やすくなるのです。

③反り腰

女性に多く見られる姿勢です。

一見姿勢が良く見えますが、腰が反り過ぎて腰痛を引き起こす場合があるので要注意です!

お腹の筋肉が弱いと腰の骨が前に倒れてしまいます。

腹筋の下にある内臓も一緒に下垂してしまうので、ぽっこりお腹になったり肥満の原因にもなります。

【反り腰の図】

反り腰の姿勢

腰が反り過ぎて腰椎が圧迫されています。腰の神経障害を起こしやすいので、一見姿勢が良い人も注意が必要です!

【正しい姿勢】

正しい姿勢

腰の骨の間にきちんと隙間がありますね。これが正しい腰の位置です。

正しい座り方をマスターしよう

ポイント①

まず、下腹部(おへその下あたり)を引っ込めてお腹に力を入れます。

腰を反らさずにお腹を引き上げるイメージ

ポイント②

顎を引いて首に力が入らない位置を見つける。

ポイント③

肩を開いて背中が丸まらないようにする。

耳・肩・骨盤が一直線になるように意識しましょう!

連絡先

待合室

横浜駅周辺の整体院として地域の健康にかかわって 22年

骨格の歪みを正して体質そのものを変化させる、自律神経系に有効な施術法です。当ルメディエ治療院から有能なセラピストを多数輩出しております!

はじめてで不安でも大丈夫!スタッフが丁寧に状態をお伺いしますので気軽にお話下さい。

 045-311-7847

  平日 土日祝
午前 9:30-13:30 9:00-13:00
午後 15:00-21:00

定休日:月曜日

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区 鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F

  • この記事を書いた人
アバター

ちーさん

神奈川県出身。ネットでの評価が高く、適切に展望を導き出す。得意技術は強い押しと猫背改善の治療。

-ルメディエ健康通信

Copyright© ルメディエ治療院 , 2019 All Rights Reserved.