045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。

ご予約は0453117847まで
楽しい

ルメディエ健康通信

活動的に過ごすために

 

こんにちは!

ルメディエ治療院の北岡です。

気が付くともう夏ですね。

コロナの影響でいつのまにかって感じですね。

以前と比べリモートワークで生活リズムが変わった方

など、この数か月で劇的に生活環境が変化しました。

(私もなるべく、外食はしないよう心がけてます)

 

私たちのカラダの中には、たくさんの器官があり、

それぞれに体内リズムがあります。

そして、それをコントロールする時計遺伝子が存在します。

なんと、その数は20種類以上

なのでこの体内リズムを乱さないようにするのが健康への近道になります。

 

【改善するには・・・】
朝、目覚めるとカラダは徐々に「休息モード」から「活動モード」に
シフトチェンジしていきます。
この役目を果たしているのが自律神経です。
活動している時間は交感神経が優位になり、休息時は副交感神経が優位になります。
この切り替えが上手くいかないと、体温・血圧が上昇しにくくなり

頭もカラダもスムーズに動くことが出来ません。

①太陽の光を浴びよう

日光

この切り替えををしているのが、太陽の光
朝に浴びる太陽の光により、体内時計をリセットしているです。
太陽の光を浴びるとセロトニンというホルモンの分泌が始まります。
そして、日中作られたセロトニンを材料に、今度はメラトニンの分泌が始まります。
メラトニンの分泌量が増加する事で、眠気を感じ睡眠に入ります。
なので、朝の光を浴び、セロトニン分泌をする事は、睡眠にとっても
重要になるのです。

②朝の準備をしよう

水

私たち寝はている間に汗をたくさんかいています。そのため睡眠中も体内の水分は失われています。
カラダの中の水分は、必要な酸素・栄養素、不要な老廃物を運ぶ役割があります。
なので水分を失っている朝は、血液が固まりやすい時間でもあるのです。
狭心症・心筋梗塞・脳梗塞のリスクが上がりやすい時間でもあります。
予防のためにコップ1杯の水を飲むように心がけましょう。
また、毎日行っている、洗顔・歯磨き・髪を整えることも
体内リズムを正常にする働きがあります。

ポイント

一般に女性の方が男性より体内の水分が5%程少ないと言われています。
これは筋肉量の違いにより差がでています。
なので女性のカラダは常に水分不足の状態にあると考えられます。
・体内に入る水の量:食事1.0ℓ、飲み水1.2ℓ、代謝水0.3ℓ
・体内から出る量 :呼吸・汗0.9ℓ、尿便1.6ℓ

③朝食をしっかり食べよう

朝食

朝の光を浴び体内時計がリセットされると、脳・内臓も徐々に活動してきます。
朝食は1日を元気にスタートさせるためのパワーの源となるため
バランスよく食べることが理想的です。
脳は寝ている間も記憶の整理などで働いています。そのため、脳のエネルギーを
速やかに補給する為にも、ご飯・パンなどの糖質が欠かせません。
また、体内時計のリズムを整える為に、肉・魚・乳製品・豆類などのタンパク質
も必要となります。

ポイント

セロトニンを増やす為にリズム運動がオススメ!
ものを食べ噛む動作、咀嚼運動もリズム運動になるのでしっかり噛んで
食べることも重要です。

連絡先

待合室

横浜駅周辺の鍼灸・整体院として地域の健康にかかわって 23年

骨格の歪みを正して体質そのものを変化させる、自律神経系に有効な施術法です。鍼灸整体ルメディエ治療院から有能なセラピストを多数輩出しております!

はじめてで不安でも大丈夫!スタッフが丁寧に状態をお伺いしますので気軽にお話下さい。

 045-311-7847

  平日 土日祝
午前 9:30-13:30 9:00-13:00
午後 15:00-21:00

定休日:月曜日

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区 鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F

  • この記事を書いた人
北さん

北さん

神奈川県出身。トレーナーとして現場経験を持つ。東西の医学に精通するスペシャリスト。

-ルメディエ健康通信

© 2020 鍼灸整体ルメディエ治療院