横浜の整体カイロプラクティックとして自律神経調整と姿勢矯正し続け21年

ルメディエ治療院

 045-311-7847

電話番号と営業時間

毎週月曜日は定休日となっております。
ご予約は0453117847まで

ルメディエ健康通信

質の良い睡眠で元気な毎日!

更新日:

睡眠は健康な身体を作るのにとても重要!

皆さんはいくら寝ても疲れがとれない、体が重く仕事に集中出来ない、なんだか気分が晴れない。そんなことはないですか?

質の良い睡眠がとれると、身体の回復力も上がり、活力のある毎日を過ごせます!

睡眠は2種類ある!

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があり、この2つの眠りが交互に現れて眠っています。

レム睡眠

夢を見たり、外部からの刺激で目が覚めやすい。眠りが浅い状態。

ノンレム睡眠

脳を休める睡眠。身体の緊張が低下し、ストレスを取り除いたりする。深い眠りの状態。

ノンレム睡眠は深い睡眠なので、この時にぐっすり眠れていると質の良い睡眠がとれるようになってきます。

では、どうやったら深いノンレム睡眠がとれるの??

眠りにつくと、まず浅いノンレム睡眠(深い眠り)が現れます。その後、段々と深いノンレム睡眠に変わります。

しばらくこの深いノンレム睡眠が続き、次にレム睡眠(浅い眠り)に変わります。このレム睡眠に変わるまでの時間は平均90分間!!

ここが一番深い眠りのタイミング!

最初の90分間をぐっすりと眠れると、身体を回復させる成長ホルモンの分泌も高まり、身体はとても元気になります。

日中は体温を上げて、就寝前は体温を下げる!

眠る時、人は体温が高いままだと深い眠りにつけません。

夜は眠りにつくために、身体の熱を下げリラックスモードになります。

寝る前に体が温かくなる人がいますが、それは体の熱を下げるため、手足の毛細血管を拡張して末端から熱を放出しているのです。

寝る前に体温を下げるポイント

  • 日中は体を動かし体温を上げること。

  • 入浴で全身を温める。

入浴は一気に体を温めることが出来るのでとてもオススメです。体が冷えていては体温は下がりません。就寝90分前には入浴を終えて、徐々に体温を下げていきましょう。

脳をリラックスモードに切り換える!

体だけではなく、脳の状態も深い眠りにつくにはとても重要。自律神経の副交感神経(リラックスする神経)を優位にすることで、脳と体の緊張が取れ眠りやすい状態になります。

神経をリラックスさせる為に、脳へ刺激を与えることは避けましょう。

就寝前の注意点

  1. テレビ、スマートフォンのブルーライトを長時間見る。
  2. 激しい運動やストレッチのやりすぎも神経を興奮させる可能性も!
  3. 脳に刺激を与える音楽や本も避ける。なるべく静かな音楽にしてみたり、ミステリー小説などの頭を使う本も避けるように。

健康通信

ルメディエ健康通信

2018/10/17

冬に向けて始める 冷え・むくみ対策

体が冷えてしまう原因は、ズバリ・・・血行不良が原因です!! 血行を良くすることで、代謝は上がり痩せやすく若々しい身体にかわっていきます。 まずは血液の流れる仕組みを理解しましょう! どうやって全身に血液を送っているのでしょう? 私達の体は、心臓が血液を送り出すポンプの役割をしています。 心臓から出た血液は、まず動脈を通って全身の各器官や細胞に栄養を与えます。 その後、毛細血管でガス交換(細胞に栄養を与え老廃物を回収する)を行い、 老廃物を回収した血液は、静脈とリンパ管に入り心臓に戻ります。 血液の役割 血 ...

続きを読む

悪い首の角度

ルメディエ健康通信

2018/9/16

首の負担は小学生一人分?!意外と重い頭の話

当院でも多いお悩みの1つ「首肩の凝り」。 原因は運動不足や猫背姿勢などですが、わかってはいるけどなかなか普段からずっと意識し続けるのは難しいですよね? では実際どのくらいの負担がかかっているのか? ちゃんとイメージできれば意識にも残りやすいんではないかと思います。 そもそも首の重さはどのくらい? 個人差はありますが、体重の約8%〜10%と言われています。 体重ごとにみると大体このくらいの重さになります↓ 体重 首の重さ(8%~10%) 40kg 3.2kg~4kg 50kg 4kg~5kg 60kg 4. ...

続きを読む

汗

ルメディエ健康通信

2018/7/31

サラサラいい汗・ベタベタ悪い汗

汗ばむ季節・・・ 皆様いい汗かいてますか~ 汗と言うと不快に思う方も多く、なるべく汗をかかないように過ごす方も多くなりました。 しかし、汗は身体にとってとても大切!!! エアコンで温度管理された環境下で過ごす・運動不足・生活習慣の乱れなどで、汗腺が減少し、汗をかきにくい人が増えている。 汗をかきにくい生活をしていると汗腺の機能が衰え、ベタベタした悪い汗の原因に・・・ 汗の基礎知識 汗の原料は血液 エクリン腺から出る汗の99%は水分 汗には、温熱性発汗・精神性発汗などがある。 汗のろ過機能について 汗腺は血 ...

続きを読む

腎臓

ルメディエ健康通信

2018/7/15

現代医学からみた腎臓

腎臓の機能 尿の産生 血液から不要物質をろ過し必要なものと不必要なものとに分け、不要物を尿として体の外に出しています。 腎臓が血液をろ過して尿を作る際に、同時に血液の成分調整もしています。 赤血球の産生 酸素が足りなくなると、腎臓が察知しエリスロポエチンというホルモンをだします。 このホルモンが血液に乗って全身に広がり骨に届けられ、そこから骨の中にある骨髄に作用し赤血球が増産されます。 その結果、効率よく体に酸素が運べるようになります。 骨髄 成人では、体幹部(頭蓋骨、椎骨、肋骨、胸骨、長骨の骨端にある) ...

続きを読む

天秤とホメオスタシスの負のフィードバック

ルメディエ健康通信

2018/7/10

人体の不思議「ホメオスタシス」

自然治癒力。皆さん、一度は耳にしたことがあると思います。 広く認知される言葉ではあるものの、それが何なのか考えたことはありますか? もしそれを漠然としたものとして捉えていたとしたら、ちょっと勿体ないかも…。今回の題材は、複数回にわたってやっていこうと思います! 人における自然治癒力と恒常性 はて、恒常性ってなんだろう? 簡単に言ってしまえば、人体に大きな変化が加えられた時に逆方向に働くチカラのことです。 負のフィードバック作用といいます。 体温調節 身体が熱くなったとき、汗が出てきます。 大気に触れている ...

続きを読む

  • この記事を書いた人

ちーさん

神奈川県出身。ネットでの評価が高く、適切に展望を導き出す。得意技術は強い押しと猫背改善の治療。

-ルメディエ健康通信

Copyright© ルメディエ治療院 , 2018 All Rights Reserved.