横浜駅周辺での臨床実績1位

ルメディエ治療院

 045-311-7847

毎週月曜日は定休日となっております。 ご予約は0453117847まで

ルメディエ健康通信

食と健康の正しい知識

新年あけましておめでとうございます!

今年もスタッフ一同みなさまの健康をサポートしてまいりますので、よろしくお願い致します。

さて、年末年始は如何でしたか?

だいぶ暴飲暴食された方、多いのではないでしょうか。

なので、今年は少しだけ食に関して正しい知識を覚えてみてはいかがでしょう。

 例えば『健康に良い○○』と聞くと、思わず買ってしまったり、食べてしまったりする方は多いのではないでしょうか。

コラーゲンを食べると肌にハリは出るか

たしかにコラーゲンの多い皮膚はハリがあります。

その為にコラーゲンを食べると、皮膚にハリがでると考えられがちです。

しかし、コラーゲンを食べたからといって、それが目的の皮膚に使われるとは限りません。

コラーゲンはタンパク質の一種

食材となるタンパク質は食べると胃・腸の働きでバラバラに分解され、その後に吸収されます。

バラバラになって吸収された『断片』は、膨大な種類があるタンパク質の材料に使われたり、体のエネルギー源になります。

なので、摂取されたコラーゲンが実際の人体で美容効果を持つとする高い証拠はないのです。

また、低分子として吸収しやすくなったからといってコラーゲンを作る細胞まで届いて肌のコラーゲンの原料として使われるという保証もありません。

ちなみに、肌から直接塗ることに関しては、保湿がいちばんです。

報告によると、ヒアルロン酸の保湿効果のが高いようです。

結論、美容効果に対する信頼性の高い証拠はない

  1. コラーゲン分子の構造
    生の食材のコラーゲンは3本のアミノ酸の鎖が絡み合った分子構造をしている
  2. 加熱されると、ほどける
    熱が加わると、3本のアミノ酸の鎖が解ける
  3. 胃腸で消化
    タンパク質の分解酵素によってバラバラに。これが消化です。
  4. 様々な用途に
    消化吸収されたアミノ酸は皮膚の細胞にだけ届くわけではありません。また、届いたとしても、コラーゲンの原料として使われるかはわかりません。

糖質制限は、やせる? 健康にもよい?

ご飯、パンなどの主食を減らす糖質制限ダイエットが一定の市民権を得ています。

ここでいう糖質とは、炭水化物のうち食物繊維を除いたものです。

低糖質・高タンパクの食事では、2ヶ月・6ヶ月後の体重は、脂質制限食より体重が減ることが多い結果が出ています。なので、短期的には痩せやすい事になります。

低糖質によるリスク

低糖質食では糖尿病の指標が3ヶ月程度なら改善するとみられています。

一方で、糖質制限することにより、『無気力』『頭が働かない』などの症状も出やすくなります。

また、『死亡リスク』『心臓の血管の病気のリスク』が高まる事もあります。

糖質50~55%の時に最も死亡率が低い

摂取エネルギーに占める糖質の割合と、相対的な死亡リスクの関係では糖質が少なすぎても、多すぎても高リスクになります。

糖質制限食は、短期的には効果あるもの、長期的にはリスクも疑われています。

脂質制限食の一つ

オーニッシュ食(1400カロリー)

脂質の割合を開始2ヶ月後の時点で平均21.1%、半年で平均28.3%に制限。

開始半年で平均2~3kgの減量。 

糖質制限食

アトキンス法(1400カロリー)

糖質の割合を開始2ヶ月時点で17.7%、半年で平均29.5%に制限。

開始半年で、5~6kgの減量。

 ちなみに、タンパク質・脂質も一部、エネルギー源になるので、最近は「エネルギー産生栄養素」と呼ばれています。

日本人のエネルギー産生栄養素割合目標量
  • タンパク質→13~20%:お肉・魚介・大豆・卵
    ※男性60g、女性50g
  • 脂質→20~30%:油脂・お肉・魚・種実
    ※30%超えないように
  • 炭水化物→50~65%:穀類・イモ類・砂糖・果物

1年後という長期的には、何を制限しょうとも、摂取エネルギーが消費エネルギーより少ない状態にし続ければ原理的にはやせていきます。

連絡先

待合室

横浜駅周辺の整体院として地域の健康にかかわって 23年

骨格の歪みを正して体質そのものを変化させる、自律神経系に有効な施術法です。当ルメディエ治療院から有能なセラピストを多数輩出しております!

はじめてで不安でも大丈夫!スタッフが丁寧に状態をお伺いしますので気軽にお話下さい。

 045-311-7847

ネット予約する
  平日 土日祝
午前 9:30-13:30 9:00-13:00
午後 15:00-21:00

定休日:月曜日

〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区 鶴屋町2-19-4 神谷ビル5F

  • この記事を書いた人
北さん

北さん

神奈川県出身。トレーナーとして現場経験を持つ。東西の医学に精通するスペシャリスト。

-ルメディエ健康通信

Copyright© ルメディエ治療院 , 2019 All Rights Reserved.