横浜で骨盤矯正をし続け20年の整体院

ルメディエ治療院

電話番号と営業時間

毎週月曜日は定休日となっております。 ご予約は0453117847まで
血圧測定

ルメディエ健康通信

正しい姿勢で血圧が下がる!簡単に出来る姿勢改善法とは?

更新日:

当院にいらしている皆様は、「姿勢が悪いから」肩こり、腰痛が起こることをよくご存知だと思います。他にも頭痛や手足の痺れ、内臓障害など身体にとってのデメリットは沢山ありますが、その中の1つに不良姿勢をとり続けることで起こる血圧の上昇があります。

どのくらいが良いの?血圧のおさらい

血圧

そもそも血圧はどのくらいが良いのでしょうか?

最新の基準では下の表のようになります。

成人における血圧値の分類(mmHg)

分類 収縮期血圧(最高血圧) 拡張期血圧(最低血圧)
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 120~129 かつ/または 80~84
正常高値血圧 130~139 かつ/または 85~89
Ⅰ度高血圧 140~159 かつ/または 90~99
Ⅱ度高血圧 160~179 かつ/または 100~109
Ⅲ度高血圧 ≧180 かつ/または ≧110
(孤立性)収縮期高血圧 ≧140 かつ <90

赤字部分が一般的にいう高血圧(日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より)

収縮期血圧と拡張期血圧

心臓はポンプのように収縮と拡張を繰り返して、全身に血液を送り続けています。

表中の「収縮期血圧」とは一般的にいう「上の血圧」や「最高血圧」と呼ばれるもので、心臓が収縮して血液を送り出した時に血管にかかる圧力の数値です。

「拡張期血圧」とは「下の血圧」や「最低血圧」と呼ばれ、心臓が拡張して血液の流れが緩やかになり血管にかかる圧力が低下した時の数値です。

高血圧にも段階がある

この表では、高血圧をⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度の3段階に分けています。従来は、軽症・中等症・重症としていましたが、軽症というと誤解を与えやすいので、治療を必要とするレベルであることを明確にしたものです。

正常高値というのは、「高血圧の一歩手前で、注意が必要なレベル」という意味で、高血圧予備軍の段階です。また、(孤立性)収縮期高血圧とは、収縮期血圧だけが特に高いもので、動脈硬化の進んだ高齢者に多くみられます。

姿勢による血圧の変化率

立位(立った状態)と座位(座った状態)でそれぞれ猫背姿勢での血圧と正常姿勢での血圧を測定したところ、統計的な差は無く立位・座位ともに猫背姿勢の方が血圧が高いという研究結果があります。

「国士舘大大学大学院スポーツシステム研究科&スリーエスグループジャパン 共同研究結果報告書」より

血圧は個人差や精神状態などによる変動が大きいので実際の数値では統計誤差が大きくなってしまいます。ですので猫背姿勢の状態の血圧を100%としたときの変化率で比べると、立位も座位も正常姿勢では5%〜6%ほど数値が下がりました。

例えば血圧が上140下90のⅠ度高血圧の人なら上131下84程度まで下がることになります。

姿勢を正そう!簡単な良姿勢の作り方

正しい姿勢の定義とは

アライメント

©ルメディエ治療院

実際にどんな姿勢が正しいのかちゃんと知っている人は少なく、普段から意識して気をつけている方でも一見綺麗でも反り腰になっていたりどこかしら身体に負担をかけている人が多いです。

まずどういう状態が正しい姿勢かというと、耳垂(耳たぶ)、肩峰(肩の先)、大転子(股関節)、膝の外側、立方骨(くるぶし)の5点を結んだ線が地面に対して垂直にまっすぐ立っている事が「正しい姿勢」です。自分が普段どんな姿勢をしているか、鏡の前に立って横から全身を見てチェックしてみましょう。

正しい姿勢を作るために

正しい姿勢を作る方法とは、普段私たちが何気なくしている「呼吸」です。

特に重要なのは吸うときに使われる吸息筋です。吸息筋には丸まった背骨を立ち上げ、体内に空気が入り膨らむことで内巻きになった肩と閉じた胸を開く効果があります。

よって正しく深い呼吸をすることで自然と姿勢が良くなります。

肺と胸郭

姿勢を正す呼吸の7ヶ条

  1. 息を吸うのは「鼻」から、吐くのは「口」から

    一度に吸える空気は、口で吸うよりも鼻の方が量が多いといわれます。

  2. 息を吸うときは歯を食いしばらない

    歯を食いしばったままだと、力みで身体の中が広がらず十分に空気を取り込めません。

  3. 5秒かけて息を吸い込み、5秒かけて息を吐き出す

    基本の呼吸は5秒で吸って5秒で吐く「均等呼吸」。まずは5秒+5秒を心がけて。

  4. 吸った空気で胸やおなかをふくらませるイメージ

    空気をしっかり吸い込み体内をしっかりふくらませましょう。身体が引き上がるのを実感できます。

  5. 吐くときはおなかをグーッとへこませて

    息を吐き切ると横隔膜が収縮してお腹が凹んだような状態になります。横隔膜の伸縮が呼吸には不可欠!

  6. 朝起きた後、夜寝る前に

    朝は就寝で固まった身体をほぐし、夜は1日で蓄積した疲れを取るために。

  7. 意識的に繰り返すことでクセになる

    人間は同じ行動を繰り返すとそれが習慣化します。意識的に行なっていたものが無意識でできるように。

整体を受けることでコリや歪みによる血管への圧迫が減り血圧は下がります。せっかく整った身体をしっかりキープできるように、ぜひ呼吸改善してみてください♪
  • この記事を書いた人

しんすけ

-ルメディエ健康通信

Copyright© ルメディエ治療院 , 2018 All Rights Reserved.