横浜の整体カイロプラクティックとして自律神経調整と姿勢矯正し続け21年

ルメディエ治療院

 045-311-7847

電話番号と営業時間

毎週月曜日は定休日となっております。
ご予約は0453117847まで

修復ディスク

photo credit: ©治っ太朗

外はゴツくても中はデリケートなキミ

更新日:

治っ太朗です。最近自宅のパソコンが不調です。

画面が一瞬だけ固まってから数秒後に元に戻るんですが、マウス操作をしていたりすると入力自体は受け付けているのでポインターがワープしたようにどこかへ行ってしまいます。

で、調べてみると「ボタン電池の残量がないのではないか?」という情報をキャッチ。

早速フタを開けて中を見てみることに…

PCケース御開帳

photo credit: ©治っ太朗

あ、ダメだ…わからん…

でもネットって凄く便利ですよね。画像付きで解説されてるんで、素人でもある程度触れます。

ボタン電池の場所

photo credit: ©治っ太朗

とりあえず手前のデカイパーツをどかします。

経年の熱で筐体が歪んでいるせいでネジが固いのなんの!

ボタンの取り外し

photo credit: ©治っ太朗

素手でやってますけど、多分やっちゃいけないんでしょうね…。

タワータイプのパーツの中には「CR2032」というボタン電池を使うところがあるみたいです。

新旧ボタン電池

photo credit: ©治っ太朗

これもよく見ると2022年までと書いてありますね。

ということは、4年以内にまた交換しなくてはなりません。

ボタン電池換装完了

photo credit: ©治っ太朗

これで全て上手くいくかに思われたんですが、今度はこの画面!

OS読み込み

photo credit: ©治っ太朗

これ、Windowsユーザーなら見慣れてると思うんですが…。

1時間後もこの画面

photo credit: ©治っ太朗

1時間が経ってもこの感じなんですよ。どこか壊してしまったかな…。

待つこと更に30分。数回起動に失敗すると出てくると言われる「自動修復」が出てきました。

自動修復の立ち上がり

photo credit: ©治っ太朗

これまたかなりの時間がかかりました。15分以内に処理が進行するとあるけど、そんな早く終わりませんでしたよ!

PC診断中

photo credit: ©治っ太朗

お!動いた!

と思ったらマウスとキーボードが操作不能な状態で、再起動するか詳細オプションを選択させられる画面が出てきました。

一応システム回復のツールは完走してるので、どうやらシステムの問題ではなさそうですね…。

ハードの問題だとすると多分写真1枚目の画面中央上部のパーツの故障かな…?

それでもダメもとで修復ディスクまで作りましたが、明日は相性の合うパーツ探しでもしなくちゃならないかもしれません。

健康通信

悪い首の角度

ルメディエ健康通信

2018/9/16

首の負担は小学生一人分?!意外と重い頭の話

当院でも多いお悩みの1つ「首肩の凝り」。 原因は運動不足や猫背姿勢などですが、わかってはいるけどなかなか普段からずっと意識し続けるのは難しいですよね? では実際どのくらいの負担がかかっているのか? ちゃんとイメージできれば意識にも残りやすいんではないかと思います。 そもそも首の重さはどのくらい? 個人差はありますが、体重の約8%〜10%と言われています。 体重ごとにみると大体このくらいの重さになります↓ 体重 首の重さ(8%~10%) 40kg 3.2kg~4kg 50kg 4kg~5kg 60kg 4. ...

続きを読む

汗

ルメディエ健康通信

2018/7/31

サラサラいい汗・ベタベタ悪い汗

汗ばむ季節・・・ 皆様いい汗かいてますか~ 汗と言うと不快に思う方も多く、なるべく汗をかかないように過ごす方も多くなりました。 しかし、汗は身体にとってとても大切!!! エアコンで温度管理された環境下で過ごす・運動不足・生活習慣の乱れなどで、汗腺が減少し、汗をかきにくい人が増えている。 汗をかきにくい生活をしていると汗腺の機能が衰え、ベタベタした悪い汗の原因に・・・ 汗の基礎知識 汗の原料は血液 エクリン腺から出る汗の99%は水分 汗には、温熱性発汗・精神性発汗などがある。 汗のろ過機能について 汗腺は血 ...

続きを読む

腎臓

ルメディエ健康通信

2018/7/15

現代医学からみた腎臓

腎臓の機能 尿の産生 血液から不要物質をろ過し必要なものと不必要なものとに分け、不要物を尿として体の外に出しています。 腎臓が血液をろ過して尿を作る際に、同時に血液の成分調整もしています。 赤血球の産生 酸素が足りなくなると、腎臓が察知しエリスロポエチンというホルモンをだします。 このホルモンが血液に乗って全身に広がり骨に届けられ、そこから骨の中にある骨髄に作用し赤血球が増産されます。 その結果、効率よく体に酸素が運べるようになります。 骨髄 成人では、体幹部(頭蓋骨、椎骨、肋骨、胸骨、長骨の骨端にある) ...

続きを読む

天秤とホメオスタシスの負のフィードバック

ルメディエ健康通信

2018/7/10

人体の不思議「ホメオスタシス」

自然治癒力。皆さん、一度は耳にしたことがあると思います。 広く認知される言葉ではあるものの、それが何なのか考えたことはありますか? もしそれを漠然としたものとして捉えていたとしたら、ちょっと勿体ないかも…。今回の題材は、複数回にわたってやっていこうと思います! 人における自然治癒力と恒常性 はて、恒常性ってなんだろう? 簡単に言ってしまえば、人体に大きな変化が加えられた時に逆方向に働くチカラのことです。 負のフィードバック作用といいます。 体温調節 身体が熱くなったとき、汗が出てきます。 大気に触れている ...

続きを読む

筋肉

ルメディエ健康通信

2018/7/10

自律神経と呼吸とは?

自律神経と呼吸 私たちがいつもしている呼吸 呼吸は自分の意識で整えられる唯一の方法なのです。 浅い呼吸はストレスに 浅い呼吸では酸素が肺の中まで届きません。 そして交感神経が働きすぎてしまいます。 息を吸うと交感神経に 息を吐くと副交感神経に 大切なのは息を吐くことです。 胸式呼吸は交感神経を活発にする  呼吸法は、大別すると胸式と腹式になります。私たちはふだん胸式呼吸をしていますが、とかく呼吸が浅く、短いものになりがちです。しかし、この短い胸式呼吸は交感神経を刺激し、これに疲労や心の動揺、怒りなどが加わ ...

続きを読む

Copyright© ルメディエ治療院 , 2018 All Rights Reserved.